基本的な考え方

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考えは、経営の効率性と適法性を同時に確保しつつ、健全に発展するために必要な経営統治 体制の整備や施策を実施することであり、経営上の最も重要な課題と位置付けております。この目的を実現するために、株主とはじめとする利害 関係者の方々に対する経営情報の適時開示(タイムリー・ディスクロージャー)を通じて透明性のある経営を行ってまいります。また、次の各号に 定める事項をはじめとするコーポレート・ガバナンスの充実・強化に取り組んでまいります。

 (1) 株主の権利及び平等性の確保に努める。

 (2) 株主以外のステーク・ホルダーとの適切な協働に努める。

 (3) 適切な情報開示と透明性の確保に努める。

 (4) 取締役会等がその役割及び責務を適切に果たすように努める。

 (5) 持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、株主との建設的な対話を行うよう努める。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレートガバナンス報告書